カントウミヤマカタバミ(関東深山傍食)

Oxalis griffithii var. kantoensis


カントウミヤマカタバミ

  • 科名・属名
  • : カタバミ科 カタバミ属

  • 特徴

  •  草丈10〜15cmの多年草。
     花は白色でミヤマカタバミによく似ているが、葉の裏の毛が少なく、刮ハは卵球形で長さ6〜12mmと小型であることが相違点。

  • 分布・生育地

  •  本州(関東〜東海地方) 山地の林下

  • 花期
  • : 3〜4月

  • 撮影月日・場所

  •  2003年4月13日 東京都高尾山

  • 撮影記

  •  和名の通り関東地方から東海地方にかけて分布し、ミヤマカタバミによく似た花である。
     春先の高尾山の林下にはこの花が多く、葉の裏の毛が少ないのが特徴とされているが、写真ではわかりにくい。
     刮ハも小さく卵球形である。

    同じ科の仲間の花