ムラサキカタバミ(紫傍食)

Oxalis debilis subsp. corymbosa


ムラサキカタバミ

  • 科名・属名
  • : カタバミ科 カタバミ属

  • 特徴

  •  草丈30cm程度の多年草。帰化。
     地下には有毛の鱗片に包まれた鱗茎がある。
     葉は全て根元から出て、長さ5〜15cmの葉柄の先に3小葉をつける。小葉は幅2〜4.5cmの倒心形。
     花は直径約1.5cm、淡紅紫色の花を数個つける。花茎は葉より高く抜きでる。
     よく似たイモカタバミとは花の中心部が淡いことで区別できる。

  • 分布・生育地

  •  逸出帰化 道端や庭

  • 花期
  • : 5〜7月

  • 撮影月日・場所

  •  2005年5月15日 沖縄県万座毛

  • 撮影記

  •  紅紫色の花をつけるカタバミは何種かあるが、全て観賞用として持ち込まれたものが逸出し帰化したものである。
     この花も南アメリカ原産で、日本には江戸時代末期に渡来したとのことである。
     関東あたりでは初夏の花であるが、沖縄では春先にも咲いていた。

    同じ科の仲間の花