ナガミノツルケマン(長実の蔓華鬘)

Corydalis ochotensis var. raddeana


ナガミノツルケマン

  • 科名・属名
  • : ケシ科 キケマン属

  • 特徴

  •  茎長1m程度の1〜2年草。
     茎には稜があり、よく伸びて分枝する。
     葉は互生し、2〜3回3出複葉で、小葉は3深裂し長楕円形〜倒卵形。
     苞はやや小型で幅2〜5mm、全縁。
     花は濃黄色で長さ15〜20mm。刮ハは線状倒披針形で幅2〜2.5mm。種子は1列に並ぶ。

  • 分布・生育地

  •  北海道、本州、九州
     山中の半日陰の林内

  • 花期
  • : 8〜10月

  • 撮影月日・場所

  •  1995年10月1日 長野県南佐久郡
     アップ  同 上

  • 撮影記

  •  秋に花をつけるキケマンは、他にツルケマンがありよく似ているが、本種は花の黄色がより濃く、刮ハの種子が1列で、ツルケマンの2列と異なっている。
     長野県あたりの道路際には割合に多く、ほとんどが本種である。

    同じ科の仲間の花