カラマツソウ(唐松草)

Thalictrum aquilegifolium var. intermedium


カラマツソウ

  • 科名・属名
  • : キンポウゲ科 カラマツソウ属

  • 特徴

  •  草丈50〜120cmの多年草。
     茎は上部でよく枝分かれし、毛や腺毛はない。
     茎葉は3〜4回3出複葉で、小葉は長さ2〜3cm、先が3つに浅く裂ける。托葉は大きく膜質で、小托葉も目立つ。
     花は複散房花序で多数つき、白色または淡紫色で径約1cm。萼片は長さ約4mmで草落性。雄蕊は8〜20個と多く、花糸は先が根棒状に肥大する。
     果実(痩果)楕円形で、長さ約7mm、先は円形または鈍頭。

  • 分布・生育地

  •  北海道〜本州
     山地〜高山帯の草原、林内

  • 花期
  • :  7〜9月

  • 撮影月日・場所

  •  1980年7月30日  北海道大雪山
     中・花1 2013年7月28日  長野県霧ケ峰
     下左・花2 2014年7月21日    同  上
     下右・葉    同  上

  • 撮影記

  •  この仲間は似たものが多く、花序の着き方やそう果の形などで同定する。
     本州から北海道にかけての草原や林内のカラマツソウは、本種かミヤマカラマツであることが多く、本種の方が葉が丸い。
     普通、花の撮影は斜め上から撮影する場合が多いが、大雪山の林下で見たこの花は、木漏れ日があたり葉の緑が鮮やかで、下から撮影した。

    葉

    同じ科の仲間の花
花1

花2