キタザワブシ(北沢附子)

Aconitum nipponicum subsp. micranthum


キタザワブシ

  • 科名・属名
  • : キンポウゲ科 トリカブト属

  • 特徴

  •  草丈30〜150cmの多年草。
     本州中部の日本海側に分布するミヤマトリカブトの亜種で、葉の切れ込みが深く、花柄は斜上する。
     花は青紫色で、雄しべにはあらい毛が密生する。
     別名サクライウズ。

  • 分布・生育地

  •  本州(中央・南アルプス、御岳山)
     亜高山帯〜高山帯の草地

  • 花期
  • : 8〜9月

  • 撮影月日・場所

  •  1996年9月16日 長野県長谷村

  • 撮影記

  •  本州中部でも日本海側に分布するミヤマトリカブトに対し、南部の太平洋側の山岳に分布する。
     この写真は南アルプスの亜高山帯の草地で撮影したもので、本種と同定したが、いささか自信がない。

    同じ科の仲間の花