クモマキンポウゲ(雲間金鳳花)

Ranunculus pygmaeus


クモマキンポウゲ

  • 科名・属名
  • : キンポウゲ科 キンポウゲ属

  • 特徴

  •  草丈3〜7cmの多年草。
     葉は扇形や腎円形で切れ込みがある。
     花は茎の先に黄色の花を1個つける。

  • 分布・生育地

  •  本州(白馬連峰)(固有)
     高山の湿った礫地に稀

  • 花期
  • : 8〜9月

  • 撮影月日・場所

  •  1996年9月6日 富山県白馬岳

  • 撮影記

  •  タカネキンポウゲと同じように白馬連峰だけに知られており、生育場所も同じようなところに生える。
     イチョウの葉を小さくしたような葉の形で判別しやすい。ただし、タカネキンポウゲ同様非常に少なく見つけにくい。
     タカネキンポウゲと同時に撮影したものの、タカネが新鮮な花をつけていたのに対し、わずか1花しか咲いている株しかなかった。撮り直ししたいが困難なだけに残念だ。

    同じ科の仲間の花