クサボタン(草牡丹)

Clematis stans


クサボタン

  • 科名・属名
  • : キンポウゲ科 センニンソウ属

  • 特徴

  •  草丈100cm、茎は直立して木本化する。葉は1回3出複葉で長い柄がある。小葉は浅く裂ける。
     花は茎の先端や葉の腋に花序を伸ばし、淡紫色の花を多数つける。萼片は4枚で先は反り返る。雄花の葯は4〜5mmで花糸と同じか短い。

  • 分布・生育地

  •  本州 山地の林縁や草原

  • 花期
  • : 8〜9月

  • 撮影月日・場所

  •  1983年9月23日 埼玉県芦ヶ久保
     ピンク 1995年9月2日 長野県長谷村
     下は拡大写真あり(写真をクリック)

  • 撮影記

  •  夏から秋の初めにかけて林縁などでよく見かける。
     四国、九州のものは花糸が葯より長くツクシクサボタンという亜種になっている。
     花は普通淡紫色であるが、中にはピンク色になるものもあり。(下の写真)
     モモイロクサボタン(f.rosea)という。
     葉が牡丹に似ていることから和名が付けられている。

    同じ科の仲間の花
ピンク花