オオヤマオダマキ(大山苧環)

Aquilegia buergeriana var. oxysepala


オオヤマオダマキ

  • 科名・属名
  • : キンポウゲ科 オダマキ属

  • 特徴

  •  草丈30〜60cmの多年草。
     葉は2回3出複葉で小葉は扇形で縁は波状の鋸歯がある。
     花は数個茎の先につき、萼片と距は褐紫色〜帯青色で距は細長く内側に巻き込む。花弁は黄色。

  • 分布・生育地

  •  北海道〜九州 山地の林内や林縁

  • 花期
  • : 6〜7月

  • 撮影月日・場所

  •  2005年6月26日 岩手県早池峰山
     アップ 1977年7月10日 群馬県尾瀬ヶ原

  • 撮影記

  •  ヤマオダマキの変種で距が内側に巻き込むことや、萼片や距が紫色帯びていることが異なる。
     花の撮影をはじめた頃の花だけのアップの写真しかなく、2005年、早池峰山に出かけた際、やっとまともな生態写真を撮影することができた。

    同じ科の仲間の花
花アップ