アレチヌスビトハギ(荒地盗人萩)

Desmodium paniculatum


アレチヌスビトハギ

  • 科名・属名 : マメ科 ヌスビトハギ属
     注.APG分類では、属名(Desmodium)はシバハギ属

  • 特徴 :
     草丈30〜100cmの多年草。帰化。
     茎は直立または斜上し、無毛あるいは鉤毛がある。
     葉は3小葉からなり、小葉は狭卵形〜卵形で、長さ4〜10cm、幅1〜3cm。先は鋭頭で基部は切形。側小葉は頂小葉よりやや小さい。
     托葉は草落性で茎を抱かない。
     花は茎頂に円錐花序、上部の葉腋に総状花序につき、花は紅紫色で長さ6〜8mm。
     果実(節果)は扁平で、3〜5個の小節果からなる。

  • 分布・生育地 :
      帰化(北アメリカ原産) (国外:世界に広く帰化)
     空地、道端、草地

  • 花期 :   9〜10月

  • 撮影月日・場所 :
     上・全体 2005年9月17日  兵庫県相生市
     (上は拡大写真あり、写真をクリック)
     中・花    同  上
     左下・果実 2016年10月19日  静岡県静岡市
     右下・葉    同  上

  • 撮影記 :
     帰化のヌスビトハギで、図鑑では分布は関東地方以西となっていたが、これまで見たことはなかった。ただ、最近では関東でもよく見られるようになった。かなり増えているようだ。
     初めて出会ったのは兵庫県で、バス停まで戻る途中鮮やかなピンク色のヌスビトハギに出会い、これが噂の本種だとすぐにわかった。
     ヌスビトハギに比べると色鮮やかで美しい花に、普段なら申し訳程度にしか写さない帰化種を、何カットも撮影してしまった。

  • 葉

    同じ科の仲間の花
花

果実