ビルマネム(びるま合歓)

Albizia lebbeck


ビルマネム1

  • 科名・属名
  • : マメ科 ネムノキ属

  • 特徴

  •  高さ10〜15mの落葉高木。栽培逸出。
     葉は互生し2回羽状複葉で、4〜8小葉からなり、小葉は倒卵形〜卵形、長さ3〜4cm、幅1〜2cm。先は円形または鈍形で、全縁。
     花は枝先や葉腋に頭状花序になって集まってつき、花弁は中ほどまで合着して漏斗形、白色〜黄白色。
     果実(豆果)は扁平な広線形で黄褐色、長さ10〜25cm、幅2〜3cm。

  • 分布・生育地

  •  逸出帰化(東南アジア原産)  道端、林縁

  • 花期
  • : 5〜6月

  • 撮影月日・場所

  •  2013年5月27日 沖縄県西表島
     中   同 上
     下右・花、下左・葉   同 上

  • 撮影記

  •  車での立ち入りが禁止された西表島の山中の林道脇、台風か何かのせいでこの大木が道路側に倒れかかっていた。
     そのおかげで、撮影し易い高さにネムノキによく似た形の黄白色〜淡黄緑色の花がちょうど花盛りだった
     もともとは街路樹などとして植えられた東南アジア原産の高木で、ここに生えているのは逸出帰化らしいが、まるで昔からここにある樹のような感じがした。

    葉

    同じ科の仲間の花
ビルマネム2

花