エダウチクサネム(枝打草合歓)

Aeschynomene omericana


エダウチクサネム1

  • 科名・属名 : マメ科 クサネム属

  • 特徴 :
     草丈1〜2mの木本状多年草。帰化。
     茎は直立してよく分枝し帯紅紫色、上部や若枝には粗い毛がある。
     葉は互生し、葉身は羽状複葉で長さ3〜9cm。小葉は20〜50個、狭長楕円形で長さ約1cm、幅約2mm。先は鋭尖形、基部は歪んだ形、縁は全縁で毛がある。
     花は葉腋からでた柄に数個の花をつける。花は淡黄色〜帯赤色で、長さ1〜1.5cm。花軸や萼に毛がある。
     果実(豆果)は広線形で長さ3〜5cm、4〜8個の小節果からなる。
     クサネムに似るが、茎の上部や若枝に毛のあること、基部近くの葉に葉柄があること、花がやや大きく赤みを帯びることなどが異なる。
     別名 アメリカクサネム

  • 分布・生育地 :
     帰化(南〜中央アメリカ原産) (国外:アメリカ、西インド諸島などに帰化)
     荒地、路傍

  • 花期 :  4〜11月

  • 撮影月日・場所 :
     2005年4月22日  沖縄県石垣島
     中 2005年11月4日    同  上
     (上、中は拡大写真あり、写真をクリック)
     下左・花 2015年10月8日  沖縄県国頭郡
     右上・葉、下・茎    同  上

  • 撮影記

  •  やや赤みを帯びたクサネムによく似た花、手持ちのいくつかの「帰化植物図鑑」にはなく、同定に時間がかかりやっと本種とわかった。
     クサネムがほとんど無毛なのに対し、下のアップの写真でもわかるように、若枝には毛が密生するのが特徴で、他にも花がやや赤みを帯びるのも見分ける際のモノサシになる。
     また、上の写真では咲き始めのため草丈が低いが、盛期の頃には1mを超えて「はびこる」といった感じで広がっていた。
    茎

    同じ科の仲間の花
エダウチクサネム2

花

葉