カワラケツメイ(河原決明)

Chamaecrista nomame


カワラケツメイ

  • 科名・属名
  • : マメ科 カワラケツメイ属

  • 特徴

  •  草丈30〜60cmの多年草。
     葉は偶数羽状複葉で、小葉は15〜35対つく。葉柄の上部に密腺がある。小葉は線形〜狭卵形で長さ8〜12mm、幅2〜3mm。先はわずかに尖る。
     花は葉腋のやや上に1〜2個つき、花弁は黄色で5個、直径約7mm。
     豆果は扁平な長方形で、長さ3〜4cm、幅5〜6mm。

  • 分布・生育地

  •  本州〜九州
     日当たりのいい河原、道端

  • 花期
  • : 8〜10月

  • 撮影月日・場所

  •  2006年9月5日 鹿児島県屋久島
     花アップ  同 上

  • 撮影記

  •  屋久島での最終日、撮影目的の花はほぼ撮り終えたので、のんびりと島の周回道路沿いで何か探そうと車を走らせた。
     とある空地でアキノワスレグサの花を見つけ近寄ってみると、その先にこの花が群生していた。何度か出会っているはずと思ったが、見事な群生に感動して何カットか撮影した。
     帰って調べると、ずいぶん以前の絵にならないカットが1枚あるだけだった。それなりに撮影記録は整理しているつもりでいるが、記憶が不確かなだけでなく物忘れも多くなった。

    同じ科の仲間の花