マルバヤハズソウ(丸葉矢筈草)

Kummerowia stipulacea


マルバヤハズソウ

  • 科名・属名
  • : マメ科 ヤハズソウ属
     注.ハギ属(Lespedeza)の考え方もあり

  • 特徴

  •  草丈15〜40cmの多年草。
     茎は非常によく分枝し、上向きの毛がある。
     葉は3小葉からなり、下部のものは倒卵形で先が凹み、上部のものは狭卵形でやや密につく。ともに中肋と縁に立った毛がある。
     花は上部の葉腋につき、紅紫色で長さ約5mm。
     節果は扁平な長楕円形で長さ2.5〜3mm、萼の2倍以上の長さがある。

  • 分布・生育地

  •  本州〜九州  道端、草地、川原

  • 花期
  • : 8〜10月

  • 撮影月日・場所

  •  2006年9月8日 大分県玖珠郡

  • 撮影記

  •  ヤハズソウによく似た感じで、小葉を丸く(特に下部)したような花である。
     珍しくはないはずなのに、そのつもりで見ていないと、草丈の高い花や大きい花に目を奪われ、地面にへばりつくように咲いている小さな花には気がつかない。私自身もつい最近まで未撮影であった。
     写真を目的にしていると、つい派手で目立つ花に惹かれ、観察もそこそこにファインダーに向ってしまう。当たり前の自然を観察するという気持ちを忘れないようにしたい。

    同じ科の仲間の花