ヤハズソウ(矢筈草)

Kummerowia striata


ヤハズソウ

  • 科名・属名
  • : マメ科 ヤハズソウ属
     注.ハギ属(Lespedeza)の考え方もあり

  • 特徴

  •  草丈15〜40cmの多年草。
     茎はよく分枝し、下向きの毛がある。
     葉は3小葉からなり、小葉は長楕円形で長さ10〜15mm、幅3〜7mm。中肋と縁に白い伏毛がある。
     花は葉腋に1〜6個つき、淡紅紫色で長さ約5mm。
     節果は扁平な円形で、長さ約3.5mm、まばらに伏毛がある。

  • 分布・生育地

  •  日本全土  道端、原野、川原

  • 花期
  • : 8〜10月

  • 撮影月日・場所

  •  2006年8月26日 長野県大町市
     アップ  同 上

  • 撮影記

  •  ハギ属の仲間は木本の低木が多いが、草本も何種類かある。この花もその一つで、乾き気味の道路端や河川敷などで地面にへばりつくように咲いている。
     葉を引っ張ると葉脈のところでちぎれるように切れ、その形が矢筈(弓の矢が弦につく部分)の形に似ていることから和名がつけられている。
     草丈も低いうえに花も小さいので、花時でも気づかないことが多いが、上記のような場所で気をつけているとあちこちで見られる。

    同じ科の仲間の花