オオバフジボグサ(大葉藤穂草)

Uraria lagopodioides


オオバフジボグサ1

  • 科名・属名
  • : マメ科 フジボグサ属

  • 特徴

  •  草丈約60cmの多年草。
     茎は匍匐し、花茎は立ち上がる。
     葉は1〜3小葉からなり、小葉は円形〜楕円形で、長さ1〜6cm、先は円頭〜微凸端。
     花は円筒状で穂状の総状花序になって多数つき、淡紅紫色で、長さ約6mm。
     節果は1〜2節からなり、折れ曲がる。

  • 分布・生育地

  •  沖縄(八重山諸島)  草地

  • 花期
  • : 9〜10月?

  • 撮影月日・場所

  •  2009年9月25日 沖縄県西表島
     中、下左右   同 上

  • 撮影記

  •  沖縄の道端で初めてフジボグサの花を見たとき、本州のマメ科にはない変った花穂を持つこの花に惹かれた。
     沖縄には、他にも葉の数や幅の違うオオバとホソバという2種類が自生種として記録されていた。ただ、どちらも希少種となっていて、探してみたもののどこにも見当たらなかった。
     西表島でこの花が見つかったとの情報が入り訪れて見ると、自生地はとてもこの花の生育地とは考えられないような場所、以前には見かけたことがなかったから、どこかから種が飛んできたのだろう。こういう発見があるだけに何度出かけても面白い。
     違いである1〜3個しかない小葉は大きく和名のとおりであったが、花序の長さはフジボグサと比べるとはるかに短かった。

    葉

    同じ科の仲間の花
オオバフジボグサ2

花