レンリソウ(連理草)

Lathyrus quinquenervins


レンリソウ1

  • 科名・属名
  • : マメ科 レンリソウ属

  • 特徴

  •  草丈30〜80cmの多年草。
     茎は直立し三角形で、両側に幅1〜2mmの翼がある。
     葉は偶数羽状複葉で、2〜6個の小葉からなる。小葉は狭楕円形で長さ5〜10cm、幅4〜7mmで両端が尖る。巻きひげは分枝しない。
     花は葉腋から10〜15cmの柄を伸ばし、4〜8個の花を総状につける。花は紅紫色〜紫色で長さ1.5〜2.5cm。
     豆果は広線形で長さ3〜4.5cm。

  • 分布・生育地

  •  本州、九州  湿った草地

  • 花期
  • : 5〜7月

  • 撮影月日・場所

  •  1994年5月21日 茨城県水海道市
     中・花 2009年5月23日   同 上
     下・小葉、まきひげ  同 上

  • 撮影記

  •  緑一色の草むらで、紅紫色の大きな花が何個か集まっているとドキッとするほど美しい。
     レンリ(連理)という難しい和名は、連理とは男女の深い契りのたとえで、小葉がきれいに対生している様子を連理に例えた(「野に咲く花」山と渓谷社参照)とのことであるが、いささかオーバーな気がする。
     よく似た花にエゾノレンリソウがあり、巻きひげの先が分枝するが、この花は分枝しないことが特徴で、一番下の写真でそのことがわかる。

    同じ科の仲間の花
花アップ

小葉・まきひげ