タカナタマメ(高鉈豆)

Canavalia cathartica


タカナタマメ1

  • 科名・属名
  • : マメ科 ナタマメ属

  • 特徴

  •  つる性の多年草。
     葉は3小葉からなり、小葉は卵形〜卵円形で、長さ8〜15cm。質は薄く、先は短鋭尖頭。
     花は花軸の先端に対生し、花冠は紅紫色で、長さ約4cm。
     豆果は少し膨れて長さ8〜12cm、幅2.3〜3cm。

  • 分布・生育地

  •  与論島〜沖縄  林縁

  • 花期
  • : 3〜10月?

  • 撮影月日・場所

  •  2005年6月12日 沖縄県西表島
     上は拡大写真あり(写真をクリック)
     中 2005年4月22日 沖縄県石垣島
     左下上、花   同 上
     左下2、濃色花 2012年6月10日 沖縄県西表島
     花・実 2006年8月7日 沖縄県石垣島

  • 撮影記

  •  八重山諸島には、ハマナタマメによく似ていて藤色の花を咲かせるこの花があると知り、出かける度に探していたが、何度目かの訪島時、やっとこの花に巡り会えた。
     樹冠から垂れ下がった蔓の先に、藤色というよりやや濃い紅紫色の花が風に揺れていた。偶然出会える花も嬉しいが、その花が目的で出会えた時は感動もひとしおだ。
     一度出会うとその後は色々な場所で出会える。ハマナタマメが海岸近くで地表を這うことが多いのに対し、この花はもう少し内陸部に見られ、樹などに這い上がっている場合が多い。
     色は濃淡があり、左の写真の上から3番目のものが一般的であるが、左の一番下の写真のような濃色の花もあって非常に美しい。

    花・実

    同じ科の仲間の花
タカナタマメ2

花

濃色花