タチシバハギ(立芝萩)

Desmodium incanum


タチシバハギ

  • 科名・属名
  • : マメ科 ヌスビトハギ属

  • 特徴

  •  草丈30〜50cmの多年草。帰化。
     茎は多少分枝して直立し、毛はわずかにあるか無毛。
     葉は3小葉からなり、頂小葉は倒卵形〜倒卵状長楕円形で、長さ2.5〜6cm。側小葉はやや小型。
     花は茎頂に10cm程度の総状花序をつくり10〜25花つける。花は紅紫色で長さ4〜5mm。
     節果は多少湾曲し、長さ約4cm、5〜6小節果からなる。

  • 分布・生育地

  •  帰化(南アメリカ原産)
     沖縄  路傍、荒地

  • 花期
  • : 3〜12月

  • 撮影月日・場所

  •  2005年5月15日 沖縄県国頭郡
     花アップ   同 上

  • 撮影記

  •  名前はシバハギに似ているが、シバハギは地表を這い、ほぼ花序の部分だけが立ち上がるのに対し、この花はすぐに立ち上がり、草丈も50cm近くなるものもある。
     花つきもややまばらな感じで、葉も脈の周辺部分が白くなっていて慣れるとすぐにわかる。
     南アメリカ原産の帰化植物である。戦後沖縄に帰化したそうである。沖縄では、海岸近くの草地でも道路端でも割合によく見かける。

    同じ科の仲間の花
花アップ