トキリマメ(オオバタンキリマメ)(と切豆)

Rhynchosia acuminatifolia


トキリマメ

  • 科名・属名
  • : マメ科 タンキリマメ属

  • 特徴

  •  茎長2m以上になるつる性の多年草。
     茎には黄褐色の軟毛がはえるが、タンキリマメより少ない。
     葉は3小葉からなり、小葉は卵形で長さ4〜10cm、幅3〜6cm。質は薄く、先端が急に細くなって尖る。黄褐色の毛もタンキリマメより少ない。萼片も全て萼筒より短い。
     花は総状につき、淡黄色で長さ約9mm。
     豆果は扁平な楕円形で、長さ1.5〜1.7cm。赤熟して裂開する。種子は2個で光沢のある黒色。
     別名 オオバタンキリマメ

  • 分布・生育地

  •  本州(宮城県以南)〜九州  山野の林縁

  • 花期
  • : 6〜9月

  • 撮影月日・場所

  •  2010年8月22日 神奈川県秦野市
     中・花   同 上
     下左・豆果 2005年8月28日 東京都高尾山
     下右・豆果 1997年10月19日  同 上

  • 撮影記

  •  タンキリマメによく似ているが、葉先が尖がるという特徴があり、生育地も海岸近くではなく内陸部で見ることが多い。
     これまで果実(豆果)しか撮影できていなかったので、猛暑の続く2010年8月末、以前果実を見た山に向かった。
     暑さを避け4時近くに訪れたもののまだ汗が吹き出す。それでも咲き始めの花が点々と見られたが、時間のせいか藪蚊も猛襲には閉口した。

    豆果2

    同じ科の仲間の花
花

豆果1