トウコマツナギ(唐駒繋)

Indigofera bungeana var. bungeana


トウコマツナギ

  • 科名・属名
  • : マメ科 コマツナギ属

  • 特徴

  •  高さ40〜250cmの落葉低木。帰化。
     幹の直径は、太いものでは3〜4cmになる。
     葉は奇数羽状複葉で、7〜13個の小葉からなり、小葉は長楕円形で、長さ0.8〜1.5cm。
     花は葉腋に長さ4〜10cmの総状花序となって多数つき、淡紅紫色で蝶形花、長さ4〜5mm。
     果実は円柱形で、長さ2.5〜3cm。
     コマツナギによく似ているが、コマツナギが90cm程度どまりであるのに対し、3m近くなるものまであることで区別されるが、コマツナギと同一という考え方もある。


  • 分布・生育地

  •  帰化(中国原産)  道端、道路法面

  • 花期
  • : 5〜9月

  • 撮影月日・場所

  •  2014年9月13日  熊本県阿蘇
     中・花、下左・果実    同  上
     下右・葉    同  上

  • 撮影記

  •  道路法面の崩壊の防止や緑化のため、中国から持ち込まれたと推測されている。
     コマツナギによく似ているが、幹も太く、草丈もはるかに大きくなることでキダチコマツナギとも言われ、変種とされるが、同一種という考え方もあり、見解は定まっていない。
     阿蘇で車を止め、道端の植物を撮影していたときに見つけた。
     確かに、同じといえばそうとも思えるし、変種といわれればそれも納得できる。

    葉

    同じ科の仲間の花
花

果実