ヤマハギ(山萩)

Lespedeza bicolor


ヤマハギ1

  • 科名・属名
  • : マメ科 ハギ属

  • 特徴

  •  高さ1〜2mの落葉低木。
     葉は3出複葉で、小葉は広楕円形〜広卵形長さ1.5〜4cm。先は円頭のものが多いが、やや鋭頭のものまで変化が多い。表面は無毛で、裏面は伏した微毛があって白色を帯びる。
     花は葉腋から出る長い花序に総状に多数つき、蝶形、紅紫色で長さ1.1〜1.5cm。萼は4裂し、萼片は鋭頭〜円頭。花序は基部の葉よりも長い。
     果実(節果)は倒卵形〜円形で、長さ5〜7mm、幅4〜5mm。

  • 分布・生育地

  •  北海道〜九州  山野の林縁、草地

  • 花期
  • : 7〜9月

  • 撮影月日・場所

  •  2007年9月29日 長崎県対馬
     中 2013年8月23日 北海道釧路市
     下左・花 2007年9月29日 長崎県対馬
     下右・葉 2013年8月23日 北海道釧路市

  • 撮影記

  •  夏から秋にかけて山野を彩るハギの仲間で、全国的に自生するのは本種だけである。
     北海道に生える本種は葉が厚くて先がやや尖り(右下の写真の葉)、裏面の毛が長いことから、考え方によってはエゾヤマハギとして分ける考え方もあるが、ここでは同一種の扱いをした。
     同じような場所に生えるマルバハギとは、花序が基部の葉よりも長く延びることで、花序が葉より短いマルバハギとは見分けられる。

    葉

    同じ科の仲間の花
ヤマハギ2

花