エゾミソハギ(蝦夷禊萩)

Lythrum salicaria


エゾミソハギ

  • 科名・属名
  • : ミソハギ科 ミソハギ属

  • 特徴

  •  草丈50〜150cmの多年草。
     茎は4稜〜6稜があり、葉や花序などとともに短毛がある。
     葉は対生または3輪生となり、長披針形〜広披針形で、長さ3.5〜6.5cm、幅0.8〜1.5cm。基部は円形か浅心形で、半ば茎を抱く。
     花は茎頂に穂状花序となって多数つき、花弁は6個、紅紫色で径約1.5cm。

  • 分布・生育地

  •  北海道〜九州  湿地

  • 花期
  • : 7〜8月

  • 撮影月日・場所

  •  1994年9月4日 熊本県阿蘇
     下・茎 2009年8月8日 大分県由布市

  • 撮影記

  •  ミソハギによく似ていて、茎や葉などに短毛が多いことや、葉の基部が円形になって茎を抱くなどの違いがある。
     この写真は阿蘇の湿地で写したが、毛の様子は後日大分県のある湿地で写した。
     見た目はミソハギとあまり変わらないが、確かに茎や萼に短い毛があるのがはっきりわかる。

    同じ科の仲間の花
茎・萼