ヤマボウシ(山法師)

Cornus kousa subsp. kousa


ヤマボウシ1

  • 科名・属名 : ミズキ科 サンシュユ(ミズキ)属

  • 特徴 :
     高さ5〜10mの落葉低木。
     横枝は水平に広がる。
     葉は対生し、楕円形〜卵形で、長さ4〜12cm、幅3〜7cm。先は鋭尖頭で、基部は円形、縁は波打ち、裏面脈腋には褐色の毛が密生する。葉柄は長さ5〜10mm。
     花は枝先の長さ3〜10cmの柄の先に頭状花序になり、花のように見えるのは4個の総苞片で、総苞片は卵形〜長楕円状卵形、長さ3〜8cm、初め淡緑色で後に白色となる。総苞片の中心に緑黄色で長さ約2.5mmの花弁が4個の花が20〜30個集まってつく。
     果実は集合果で、球状、径1.2〜2cm、赤熟する。

  • 分布・生育地 :
     本州〜九州   山地の林内、草原

  • 花期 :  5〜7月

  • 撮影月日・場所 :
     2005年5月29日  広島県帝釈峡
     中 2013年6月9日  神奈川県川崎市
     下左・花 2014年6月16日  東京都高尾山
     下右・果実 2014年9月12日  大分県竹田市

  • 撮影記 :
     街路樹に植栽されたものを見ることもあるが、やはりこの木は山中でみるのが似つかわしい。
     花は白い4個の花弁からできているように見えるが、これは総苞の変化したもので、本当の花は中心部に集まってつく黄緑色の小さなものである。
     よく庭や公園に植えられているアメリカヤマボウシ(ハナミズキ)と同じ仲間で、花の形や咲き方などよく似ている。
     果実は径1.5cm程度の球形で、赤く熟してこれはこれで綺麗なものだ。

  • 果実

    同じ科の仲間の花
ヤマボウシ2

花