ナンブワチガイソウ(南部輪違草)

Pseudostellaria japonica


ナンブワチガイソウ

  • 科名・属名
  • : ナデシコ科 ワチガイソウ属

  • 特徴

  •  草丈7〜25cmの多年草。
     根は紡錘状で1個。茎には1〜2列の長毛がある。
     葉は両面と縁に毛があり、上部の葉は卵形〜長楕円形で柄がない。
     花は頂生または上部の葉腋から花柄をだし、白色で花弁は5個(4個)。

  • 分布・生育地

  •  本州(岩手〜茨城、長野)  山地林下

  • 花期
  • : 5〜6月

  • 撮影月日・場所

  •  1993年6月1日 長野県南佐久郡
     アップ  同 上

  • 撮影記

  •  本州北部と長野県に飛んで分布する比較的少ない種である。
     長野県にこの花が隔離分布すると知り、花仲間と出かけた。
     数少なく見つけにくいかと思ったが、林下で意外にあっさりと見つかり拍子抜けした。
     その後、これも隔離分布しているクロバナウマノミツバにも出会え、充実した一日となった。

    同じ科の仲間の花
花アップ