レブンタカネツメクサ(礼文高嶺爪草)

Minuartia arctica var. rebuensis


レブンタカネツメクサ

  • 科名・属名
  • : ナデシコ科 タカネツメクサ属

  • 特徴

  •  草丈5〜8cmの多年草。
     エゾタカネツメクサの変種で、花のつく枝の葉は、エゾタカネツメクサが2〜4対であるのに対し、7〜9対と多く節間が詰まる。
     種子の突起も長くて目立つ。

  • 分布・生育地

  •  北海道(礼文島)(固有) 砂礫地

  • 花期
  • : 6〜7月

  • 撮影月日・場所

  •  1983年6月10日 北海道礼文島

  • 撮影記

  •  エゾタカネツメクサと同じと記されている本も多いが、ここでは亜種の扱いとした。
     礼文島は、あまり森林がなく草原になっているところが多いが、ところどころにある蛇紋岩地には独特の植物が多い。
     この花もそんな礫地を探していて見つけた。そばにはレブンカラマツの株もあった。

    同じ科の仲間の花