エゾタカネツメクサ(蝦夷高嶺爪草)

Minuartia arctica


エゾタカネツメクサ

  • 科名・属名
  • : ナデシコ科 タカネツメクサ属

  • 特徴

  •  草丈3〜7cm、タカネツメクサに似るが、葉や花がやや大きい。
     葉は密につき、針形で長さ8〜15mmで、脈は1本。
     花は白色で、花弁は倒卵形で先はへこむ。種子に細かい突起がある。

  • 分布・生育地

  •  北海道(高地) 高山の砂礫地

  • 花期
  • : 7〜8月

  • 撮影月日・場所

  •  1981年7月19日 北海道夕張岳

  • 撮影記

  •  夕張岳は蛇紋岩の山で、ユウバリソウユウバリコザクラなど、この山にしかない特殊な植物が多くあり、何度かこの山に通った。
     この花はそんな山の砂礫地に咲いていたが、特徴にもあるように、本州の高山にあるタカネツメクサより葉や花がやや大きい。

    同じ科の仲間の花