シロバナマンテマ(白花まんてま)

Silene gallica var. gallica


シロバナマンテマ

  • 科名・属名 : ナデシコ科 マンテマ属

  • 特徴 :
     草丈30〜50cmの1〜越年草。逸出帰化。
     茎には粗い毛が多く、上部では腺毛も混じる。
     葉は下部ではへら形で先は円く、上部は広線形で先は尖る。
     花は花序の片側に偏って総状につき、径8〜10mm、花弁は狭倒卵形で白色〜淡紅色。萼筒には10脈があり、長毛と短い腺毛がある。
     果実(刮ハ)は6裂する。

  • 分布・生育地 :
     逸出帰化(中部〜南部ヨーロッパ原産) (国外:世界各地に帰化)
     海岸の砂地や草地、道端の草地、埋立地

  • 花期 :  4〜5月

  • 撮影月日・場所 :
     2005年5月20日  鳥取県鳥取市
     (上は拡大写真あり、写真をクリック)
     中・花 2015年4月11日  鹿児島県屋久島
     下・葉    同  上

  • 撮影記 :
     ヨーロッパ原産で、マンテマ同様栽培していたものが逃げ出し帰化した花である。
     両種はよく似ているが、本種の花弁の色は薄く、紅紫色で縁取りのあるマンテマとは異なる。
     下の花や葉の写真は屋久島で写したように、ほぼ全国的に帰化しているが、海岸近くに生えるため内陸部の県では見つかっていないようだ。

  • 同じ科の仲間の花
花

葉