ウシオハナツメクサ(潮花爪草)

Spergularia bocconii


ウシオハナツメクサ

  • 科名・属名 : ナデシコ科 ウシオツメクサ属

  • 特徴 :
     草丈5〜15cmの1〜2年草。帰化。
     茎は基部からよく分枝して地を這い、先は立ち上がり、葉とともに腺毛がある。
     葉は対生し、線形(円柱形)で長さ10〜18mm。先は針状で上面は平凹状、基部の托葉は白い膜質、基部が合着し、下部が鞘状で上部は広三角形。
     花は上部の葉腋に単生し、径約4mm、花弁は5個、基部が白色で先は淡紅紫色。雄しべは3〜5個、
     果実(刮ハ)は長さ5.5〜6mm。

  • 分布・生育地 :
     帰化(地中海地方原産)
     全国  海岸の埋立地、河口沿岸

  • 花期 :  4〜9月

  • 撮影月日・場所 :
     2014年7月9日  北海道知床半島
     中・花、下・葉    同  上

  • 撮影記 :
     知床の海岸近くの未舗装の林道、溜まり水の乾いた地面に張り付くように咲いていた。
     初めはウスベニツメクサかと思ったが、「神奈川県植物誌」などの記載を参考に、雄しべの数が5個、葉の上面が平凹状、托葉が合着し下部が鞘状で上部は広三角形であることから本種と判断した。
     しかし、花弁が全体淡紅紫色で基部が白くないなど、図鑑等の本種の記載とは異なる点も多く、ウスベニツメクサの可能性も否定できず、また帰化種のウシオツメクサによく似た点もあり、自信を持って同定できたとは言い難い。
     この花についてよくご存知の方はお教えいただきたい。

  • 同じ科の仲間の花
花

葉、葉鞘