ニシキギ(錦木)

Euonymus alatus


ニシキギ

  • 科名・属名 : ニシキギ科 ニシキギ属

  • 特徴 :
     高さ1〜3mになる落葉低木。
     枝は下部から枝分れして緑色、コルク質の褐色で薄い4枚の翼がある。
     葉は対生し、葉身は倒卵形〜長楕円形で長さ2〜9cm、幅1〜4.5cm。先は鋭頭〜急鋭尖頭、基部は普通くさび形、両面無毛で縁には鋭い細鋸歯がある。葉柄は長さ1〜3mm。
     花は側枝または葉腋や葉腋痕から集散花序を出して1〜7個つき、黄緑色で径6〜8mm。花弁は4個、広楕円形で縁に不揃いの鋸歯がある。雄しべは4個、雌しべは1個。
     果実(刮ハ)は1〜2個の分果に分れ、分果は長さ5〜8mmの楕円形で熟すと裂開し、橙赤色の仮種皮に包まれた種子が顔を出す。

  • 分布・生育地 :
     北海道〜九州
     丘陵〜山地の落葉樹の林内、林縁

  • 花期 :   5〜6月

  • 撮影月日・場所 :
     2014年5月18日  愛知県渥美半島
     中・花以下    同  上
     下右・果実 2013年10月28日  東京都高尾山

  • 撮影記 :
     ニシキギ科の花は小さく、色も黄緑色や緑白色と目立たないものが多い。
     この花も花そのものは似たようなものであるが、特徴的なのは茎に4枚の翼があることである。しかも緑色の茎とは異なり褐色である上、翼も幅広いのでよく目立つ。
     また、秋には裂開して露出する橙赤色の種子が可愛く、秋の山歩きではカメラを向けたくなる花(果実)である。

  • 葉

    同じ科の仲間の花
花

果実

茎