フジオトギリ(富士弟切)

Hypericum erectum var. caespitosum


フジオトギリ

  • 科名・属名
  • : オトギリソウ科 オトギリソウ属

  • 特徴

  •  草丈30〜40cmの多年草。
     茎は叢生し直立する。
     葉は対生し、披針形〜線状披針形で、長さ1.7〜4cm、幅は狭い。葉には黒点と黒線が入り、縁にも黒点がある。,br>  花は茎頂に数個つき、花弁は5個、黄色でやや小さい。花弁や萼には黒線が、縁には黒点があり、花弁には明線も少し入る。

  • 分布・生育地

  •  本州(富士、御坂、秩父山地)
     山地林縁、砂礫地、草地

  • 花期
  • : 7〜8月

  • 撮影月日・場所

  •  2011年8月9日 静岡県富士山
     中・花裏、下・葉   同 上

  • 撮影記

  •  富士山も中腹を中心に何度か訪れているが、富士の名前のつくオトギリソウの変種のこの花は、花期ではないこともありまだ未撮影だった。
     現地に着き礫地から森に向かうと、早速林縁の礫地の上に点々とこの花が咲いていた。
     何カットか撮影し、もっといい株を求めて森の奥への登山道を進んだが、奥の方では貧弱な株ばかりだった。
     帰りにもう一度撮影しようと最初に出会った株に出向くと、まだ昼を少し過ぎただけなのにすっかり花弁が閉じている。
     オトギリソウ属には午後には閉じてしまう仲間があり、以前にも同じ失敗したことがあったことをすっかり失念していたのだ。
     それでも、朝方何カットか撮影していたので、何とかアップできたのがこの写真だ。

    同じ科の仲間の花
花

葉