イワオトギリ(岩弟切)

Hypericum kamtschaticum var. hondoense


イワオトギリ1

  • 科名・属名

  •  オトギリソウ科 オトギリソウ属

  • 特徴

  •  草丈10〜35cmの多年草。
     茎は叢生し、上部で分枝する。
     葉は対生し、卵形〜楕円形で長さ2〜3cm。基部は半ば茎を抱き、黒点が多く、明点が少し混じる。
     花は黄色で集散花序となり、径1.5〜2cm。萼片の黒点は縁のほうに少なく、内部に多い。
     ハイオトギリに似ているが、全体に小振りで、葉の黒点が多く、花も小さい。

  • 分布・生育地

  •  本州(東北〜中部地方の日本海側)
     亜高山帯〜高山帯の草地、砂礫地

  • 花期
  • : 7〜8月

  • 撮影月日・場所

  •  2004年8月11日 群馬県至仏山
     下 2004年7月4日 青森県岩木山

  • 撮影記

  •  東北地方から中部地方の高山に分布するものの、分布は日本海側に偏っている。
     日当たりのいい草地や礫地で固まって咲いていることが多く、高さは低い割にはよく目立つ。
     残念ながら葉や萼のアップを載せていないが、葉や萼には黒点が多いのが特徴である。

    同じ科の仲間の花
イワオトギリ2