ホタルサイコ(蛍西胡)

Bupleurum longiradiatum var. elatius


ホタルサイコ1

  • 科名・属名
  • : セリ科 ミシマサイコ属

  • 特徴

  •  草丈50〜150cmの多年草。
     茎は上部で分枝する。
     葉は互生し、卵形〜長楕円形で、長さ5〜15cm、幅2〜4cm。裏面は青白色で、基部は耳状になって茎を抱く。
     花は枝先に複散形花序となり、黄色の小さな花を多数つける。
     総苞片や小総苞片は小さく、3〜5個。

  • 分布・生育地

  •  本州〜九州
     山野の日当たりのいい草地や林縁

  • 花期
  • : 7〜8月

  • 撮影月日・場所

  •  1993年8月29日  長野県茅野市
     中 1995年8月5日  長野県高峰高原
     下・花 2005年8月20日  山梨県八ケ岳

  • 撮影記

  •  夏、高原や林縁で小さな黄色の花をまばらにつける(沢山つくのであまりそうは見えないが)この花に出会う。
     花はミシマサイコに似ているが、高さはずっと大きいものが多く、長野県の八ケ岳山麓で出会ったものは、人の背丈と同じくらいの大きな株だった。
     葉を見ると楕円形で、基部が茎を抱くことでもミシマサイコとは異なる。
     北海道のものも同じという分け方もあるが、ここでは本州〜九州に分布するものを本種とし、北海道にあるものはエゾホタルサイコとする狭義の分類に従った。

    同じ科の仲間の花
ホタルサイコ2

花アップ