イブキボウフウ(伊吹防風)

Libanotis coreana


イブキボウフウ1

  • 科名・属名
  • : セリ科 イブキボウフウ属

  • 特徴

  •  草丈30〜100cmの多年草。
     全体に毛があり、上部で分枝する。
     葉は2〜3回羽状複葉で、長さ5〜30cm。小葉はさらに細かく切れ込み、裂片の形は様々。
     花は複散形花序となり、花序は径3〜6cm。花は白色で、長さ3mm程度の長三角形の萼歯がある。
     果実は楕円形で、分果の背に毛が生える。

  • 分布・生育地

  •  北海道〜四国 
     山地〜亜高山帯の礫地や草地

  • 花期
  • : 8〜9月

  • 撮影月日・場所

  •  1997年8月23日 長野県霧が峰
     下 2004年8月11日 長野県八方尾根

  • 撮影記

  •  イブキ(伊吹)の名がつけられているが、伊吹山には分布しないことになっている。セリ科はよく似た花が多いので、伊吹山で見られるよく似た花(多分イブキゼリモドキ)を調べた結果本種でなく、名前だけが残ったのだろう。
     高山の日当たりのいい礫地でも見るが、高原などで見ることが多く、草丈も1m近くあるものもあり割合によく目立つ。
     小さな白い花のセリ科はどれも似ているが、この花は果実に毛があるのが特徴である。それなのに、特徴がはっきりわかる写真はなかった。

    同じ科の仲間の花
イブキボウフウ2