ヤマゼリ(山芹)

Ostericum sieboldii


ヤマゼリ1

  • 科名・属名
  • : セリ科 ヤマゼリ属

  • 特徴

  •  草丈50〜100cmの多年草。
     茎は中空で無毛。
     葉は2〜3回3出羽状複葉、小葉は卵形で長さ3〜6cm、縁には粗い鋸歯がある。上部の葉は鞘状に茎を抱く。
     花は枝先にやや小さめの複散形花序となり、白色で小さな花を多数つける。総苞片や小総苞片は線形。
     果実は楕円形で、狭い翼がある。

  • 分布・生育地

  •  本州〜九州  山地の林内

  • 花期
  • : 7〜10月

  • 撮影月日・場所

  •  1999年8月29日 滋賀県伊吹山
     下 1994年9月17日 東京都西多摩郡

  • 撮影記

  •  晩夏から秋にかけて山地の林下で目立つセリ科の花は、シラネセンキュウとこの花だ。
     違いは、シラネセンキュウの葉のほうがやや小さめで先が尖り、鋸歯が鋭い。また、花序もこの花の方が小さく、高さがまちまちであることも見分ける時の参考になる。
     セリ科の花は見分け方が難しいが、一つずつ覚えていくしかない。反省!!

    同じ科の仲間の花
ヤマゼリ2