ハマニオイタチツボスミレ(浜匂立壺菫)

Viola obtusa var. lucida


ハマニオイタチツボスミレ

  • 科名・属名
  • : スミレ科 スミレ属

  • 特徴

  •  草丈5〜15cmの多年草。
     花期の根生葉および茎葉は卵形〜心形で、長さ幅とも2〜4cm。先は丸く、基部は心形。表面には強い光沢がある。
     花は直径約2cm、濃紫色で花弁は丸みがあり、花柄は無毛。
     ニオイタチツボスミレに似るが、葉が大型で光沢があり、花茎は無毛であることが違い。

  • 分布・生育地

  •  本州(太平洋岸)  海岸の草地

  • 花期
  • : 3〜4月

  • 撮影月日・場所

  •  2009年3月28日 神奈川県三浦半島
     中、下   同 上

  • 撮影記

  •  ニオイタチツボスミレの海岸に生えるタイプで、花茎に毛がなく葉に光沢のあるのが特徴とされている。
     「神奈川県植物誌」では変種として位置づけられている。いかりさんの「日本のスミレ」では別扱いはしていないが。
     以前三浦半島のこの場所を訪れた際、海岸への崖の途中でスミレの葉を見つけた。この花ということはわかったが、なかなか花期に訪れる機会がなかった。
     やっと今年訪れてみると、ちょうど花期、光沢のある大きめの葉や毛のない花茎もしっかり撮影した。

    同じ科の仲間の花
花アップ

葉アップ