ヒナスミレ(雛菫)

Viola tokubuchiana var. takedana


ヒナスミレ1

  • 科名・属名 : スミレ科 スミレ属

  • 特徴 :
     草丈3〜8cmの多年草。
     葉は長卵形〜三角状披針形で長さ2〜5cm、基部は心形。葉の表面は緑色〜暗緑色、裏面は紫色を帯びることが多い。
     花は直径1,5cm前後、花弁は淡紅紫色〜紅紫色。側花弁にはまばらに毛がある。
     葉の葉脈にそって白い斑のはいる品種を、
     フイリヒナスミレ(f. variegata)という。
     また、白花を、
     シロバナヒナスミレ(f. albiflora)といい、
     緑色の花を
     ミドリヒナスミレ(仮称、学名なし)という。

  • 分布・生育地 :
     北海道(南部)〜九州
     山地のブナ帯の林縁や林下

  • 花期 :   4月上旬〜5月上旬

  • 撮影月日・場所 :
     2006年4月22日  長野県諏訪郡
     中上 2000年4月23日  山梨県三ツ峠
     中上は拡大写真あり。写真をクリック
     中下・花 2006年4月22日  長野県諏訪郡
     下左・白花 2015年4月21日  群馬県甘楽郡
     右下・葉 2015年4月21日  群馬県藤岡市

  • 撮影記 :
     淡紅紫色の花が美しいスミレである。本州では太平洋側の山地の林下で見かける。
     花期はスミレ類の中では比較的早く、他のスミレが満開の頃にはやや疲れ気味の花が多い。
     山梨県三ツ峠では伐採された斜面をピンクに染めていて、これほどの群落には初めて出会った。
     ピンクの花だけでなく、中には左下の花のように白い花をつける株もある。

  • 葉

    同じ科の仲間の花
ヒナスミレ2

花

シロバナヒナスミレ