ホソバイヌタデ(細葉犬蓼)

Persicaria trigonocarpa


ホソバイヌタデ

  • 科名・属名
  • : タデ科 イヌタデ属

  • 特徴

  •  草丈30〜50cmの1年草。
     茎は下部は地を這い、上部は直立して分枝する。
     葉は互生し、線形〜披針形で、長さ3〜7cm、幅4〜8mm。先は細まり、基部はくさび形、表面に短毛があり、裏面に盤状の腺点が散在する。
     托葉鞘は筒形で、ほぼ同長の縁毛がある。
     花は枝先に円柱状の総状花序となってやや密に花をつけ、花被は淡紅色で長さ約2mm、5深裂する。
     そう果は3稜形、黒色で光沢がある。

  • 分布・生育地

  •  北海道、本州(関東地方)  水辺

  • 花期
  • : 9〜10月

  • 撮影月日・場所

  •  2008年10月18日 栃木県渡良瀬遊水地
     中、下   同 上

  • 撮影記

  •  イヌタデに比べるとごく稀なこの花、細い葉のイヌタデを見つけると、いつも気になりチェックしていたが??の状態だった。
     渡良瀬遊水地にこの花があると聞き探してみると、紅紫色の濃いイヌタデに混じって淡い色のイヌタデが見つかった。
     これがホソバイヌタデだ。今まで葉に気をとられ葉ばかり見ていたが、色で判断するほうがわかりやすく、両種の花が混生している場所では違いが歴然としている。
     さらに葉裏に盤状の腺点があることが違うと図鑑の記述にあったので、一生懸命葉裏のアップを撮影したが、写真でわかるだろうか。

    葉裏アップ

    同じ科の仲間の花
花アップ

托葉鞘、葉