ママコノシリヌグイ(継子の尻拭)

Persicaria senticosa


ママコノシリヌグイ

  • 科名・属名
  • : タデ科 イヌタデ属

  • 特徴

  •  草丈約1mの1年草。
     茎は下向きの毛が生え、他の者に寄りかかって伸びる。
     葉は対生し三角形で、長さ3〜8cm、幅3〜7cm。先は尖り、基部は浅心形。托葉鞘の上部は腎円形で葉状になる。
     花は茎頂に十数個頭状につき、花被片は5裂し、上部は紅色で下部は白色。
     そう果は花被に包まれ、球形、黒色で光沢がない。

  • 分布・生育地

  •  日本全土  道端、林縁、水辺

  • 花期
  • : 5〜10月

  • 撮影月日・場所

  •  2008年9月14日 東京都日野市
     中・花、下・茎   同 上

  • 撮影記

  •  植物の和名は、花の感じや発見者、類似の花との違いなどから付けられ、特にルールはない。そのため、不相応なくらい立派な名前が付けられている花がある一方、いくらなんでもという名前の花もある。
     ヘクソカズラとこの花が可愛そうな名前の双璧ではないかと思う。
     写真でもわかるように、確かに茎に生える下向きの刺は鋭く、残酷なイメージを抱かせないわけではないが、上部が紅色の花は可愛く、別の名前を付けられてもいいはずだ。ヘクソカズラでもヤイトバナとかサオトメカズラという別名があるのに対し、この花の別名は誰も知らないようなトゲソバで、これとて呼びたい気になれない。

    同じ科の仲間の花
花アップ

茎アップ