ナガバノヤノネグサ(長葉の矢の根草)

Persicaria breviochreata


ナガバノヤノネグサ

  • 科名・属名 : タデ科 イヌタデ属

  • 特徴 :
     草丈30〜50cmの1年草。
     茎は根元で分枝して斜上し、特に下向きの刺がある。
     葉は互生し、長楕円状披針形で長さ2〜7cm、幅1〜2cm。先は鋭形、基部は浅い矢じり形で耳部は三角形。短い葉柄がある。托葉鞘は短く、長い縁毛がある。
     花は短い総状花序となって疎らに1〜3個つき、花冠は白色〜淡紅色で、長さ2〜3mm。花柄の上部に毛がある。

  • 分布・生育地 :
     本州(関東地方以西)〜九州  林下

  • 花期 :  8〜10月

  • 撮影月日・場所 :
     2012年9月29日  東京都清瀬市
     中・花    同  上
     下左・托葉鞘、下右・葉    同  上

  • 撮影記 :
     一時タデ科イヌタデ属の花に凝り、色々図鑑や文献を当たり、各地の湿地に探しに出かけた。
     この花も「日本の野生植物}(平凡社)に載っている静岡県伊東市まで探しに出かけたが、湖畔にあったのはホソバノウナギツカミで、図鑑の記述が間違っていた。
     この花、湿地に生えるのでなく林下に生え、西日本には比較的多いらしいが、関東では記録は少ない。
     そんな折、東京都清瀬市の情報を知り、何とか見つけてやろうと意気込んで出かけた。
     清瀬市といっても狭いわけではない、市内の林下をしらみつぶしに歩いたが見つからず、あきらめかけた頃、やっと少数の個体を見つけることができた。

  • 葉

    同じ科の仲間の花
花

托葉鞘・茎