ホソバノウナギツカミ(細葉の鰻攫)

Persicaria hastatoauriculata


ホソバノウナギツカミ群落

  • 科名・属名
  • : タデ科 イヌタデ属

  • 特徴

  •  草丈30〜80cmの1年草。
     茎は下部は地を這い、上部は斜上し、下向きの刺がある。
     葉は互生し、下部の葉は卵形、上部の葉は長楕円形〜長披針形で、長さ2〜10cm。先は鋭く、基部はほこ形で、短い葉柄がある。托葉鞘は筒形で、長さ2cm。
     花は茎頂で2又に分かれる花柄の先に総状花序にまばらにつき、花被は淡紅色で、長さ2.5〜3mm。花柄には腺毛がある。
     そう果はレンズ形か3稜形で、褐色、光沢がない。

  • 分布・生育地

  •  本州(関東地方以西)〜沖縄  水辺

  • 花期
  • : 8〜11月

  • 撮影月日・場所

  •  2009年9月13日 静岡県静岡市
     中 2008年10月19日   同 上
     下左 2009年5月10日   同 上
     下右   同 上

  • 撮影記

  •  湿地には、ヤノネグサや花の終わったオギノツメ、紅葉したタコノアシなど、多くの湿生植物があり、撮影に忙しかった。
     そんな湿地の一角で、花つきの悪いナガバノウナギツカミが目に入った。記録程度にと1カット撮影する。
     帰ってから気になり調べると、花がまばらにつくことが特徴のホソバノウナギツカミという別種、もっとしっかり撮影しておけばよかったと反省しきりだった。

     翌年春、別の花を探して同じ場所へ出かけた。春はどんな状況かなと立ち寄ってみると、何と5月の初めなのに花が咲いている。しかも何株もだ。
     ありがたく、前年撮り損ねた花や、托葉鞘などしっかり撮影した。

    托葉鞘

    同じ科の仲間の花
ホソバノウナギツカミ

花