ポントクタデ(ぽんとく蓼)

Persicaria pubescens


ポントクタデ

  • 科名・属名
  • : タデ科 イヌタデ属

  • 特徴

  •  草丈40〜100cmの1年草。
     茎は直立して分枝し、粗い短毛があるか無毛。
     葉は互生し、披針形〜広披針形で、長さ5〜10cm、幅1〜2.5cm。両端は細まり、両面脈上に短い伏毛があり、中央に八の字状の黒班がある。乾くと茎や葉は赤褐色になる。
     托葉鞘は筒状で、縁に筒部の半分程度の長い毛がある。
     花は茎頂や葉腋に、長さ5〜12cmの穂状の総状花序となって疎らにつき、先は垂れる。花被は淡紅色で、長さ3mm、45深裂し、萼は下部は緑色で先は紅色、腺点がある。
     そう果は3稜形の卵形、褐色か黒色で、光沢はない。

  • 分布・生育地

  •  本州〜沖縄   水辺、水湿地

  • 花期
  • : 9〜10月

  • 撮影月日・場所

  •  2009年9月22日 東京都高尾山
     中・花   同 上
     下・左、托葉鞘   同 上
     下・右、葉   同 上

  • 撮影記

  •  ヤナギタデが湿地に多いのに対し、この花は湿った道端のような場所に多い。特徴である葉の辛味を確かめる必要もない高尾山で撮影することにした。
     林道を歩いていると、湿った道路際ですぐにこの花が見つかった。今まで何度も歩いていたにもかかわらず、この花と認識していなかったのだ。
     三ツ星認定で以前に増して人の多くなった高尾山であるが、ルートから外れた林道は人通りも少ない。じっくりと葉の八の字状の黒斑や托葉鞘を撮影した。



    同じ科の仲間の花