サナエタデ(早苗蓼)

Persicaria scabra


サナエタデ1

  • 科名・属名
  • : タデ科 イヌタデ属

  • 特徴

  •  草丈30〜60cmの1年草。
     茎は直立し、上部は分枝する。
     葉は互生し、披針形〜卵状披針形で、長さ4〜12cm、幅0.5〜3.5cm。やや厚く、両面の脈上には短毛があり、時に裏面に白い綿毛がある。
     托葉鞘は筒形、膜質で、縁毛はない。
     花は枝先に円柱状で、長さ1〜5cmの総状花序となり、花被は淡紅色〜白色、4〜5深裂する。花序は垂れない。
     そう果は扁平な円形、黒褐色で光沢がある。

  • 分布・生育地

  •  北海道〜九州  道端、田の畦、畑

  • 花期
  • : 5〜10月

  • 撮影月日・場所

  •  2007年6月2日 東京都日野市
     中・斑無 2011年6月8日 群馬県藤岡市
     下左・花 2007年6月3日 東京都日野市
     下左・托葉鞘   同 上

  • 撮影記

  •  イヌタデ属の仲間は夏から秋にかけて咲く種類が多いが、この花は名前のように5月頃から咲き始める。
     東京都といっても23区を外れると、まだ民家の間に畑や田が残っている街も多い。日野市もそんな場所で、駅から10分も歩くと、多摩川沿いにはわずかながらも田や畑が残っている。
     6月初め、田んぼにピンクのタデ科の花が咲いていた。この時期ならハルタデか本種の可能性が強い。托葉鞘はと見ると無毛なことからサナエタデと判断した。
     ここも数日後、田植えのためきれいに耕され、一面に咲いていたこの花も跡形もなかった。

    托葉鞘

    同じ科の仲間の花
サナエタデ2

花