シンミズヒキ(新水引)

Antenoron neofiliforme


シンミズヒキ

  • 科名・属名
  • : タデ科 ミズヒキ属

  • 特徴

  •  草丈60〜100cmの多年草。
     ミズヒキ似ているが、全体に大きく、茎は中空。
     葉は短い間隔にまとまってつき、長楕円形で長さ18cm、幅8cm。先は尾状に尖り、質はやや厚くて毛は少なく、八の字班紋はない。
     花は花茎の先にミズヒキよりやや密につき、花被は4裂し、紅色。
     そう果は3〜3.5mmとやや大きい。

  • 分布・生育地

  •  本州〜九州  山地の林縁、藪

  • 花期
  • : 8〜10月

  • 撮影月日・場所

  •  2006年9月30日 東京都高尾山
     下・葉   同 上

  • 撮影記

  •  ミズヒキによく似ているが、葉はやや密集してつき、厚くて黒斑や毛がないこと、茎が中空という特徴がある。
     高尾山にはこの花が多く、ミズヒキと混生していることから、秋の1日探しに出かけた。
     特徴はしっかりメモして出かけたものの、道端に現れるミズヒキを見ていくと、皆同じように見えてくる。やっとそれらしき株を撮影したものをアップしたが、確信を持てずにいる。

    同じ科の仲間の花
葉