ヤナギヌカボ(柳糠穂)

Persicaria foliosa var. paludicola


ナギヌカボ

  • 科名・属名
  • : タデ科 イヌタデ属

  • 特徴

  •  草丈20〜40cmの1年草。
     茎の下部は地を這い、上部は直立してよく分枝する。
     葉は互生し、長披針形〜線状披針形でやや厚く、長さ2〜6cm。托葉鞘は筒状で、長さ2〜6mm、同じ長さの縁毛がある。
     花は細く、まばらな総状花序となり、花弁は紅色で、長さ約1.5mm。
     そう果は卵円形で、3稜形かレンズ形。

  • 分布・生育地

  •  北海道、本州、九州  水辺、水湿地

  • 花期
  • : 9〜10月

  • 撮影月日・場所

  •  2009年10月18日 静岡県静岡市
     中・花   同 上
     下左右   同 上

  • 撮影記

  •  この花があるという静岡の湿地に探しに出かけた9月、偶然出会った地元の方に教えてもらい見つけることができた。花はまだであったが、細く青みを帯びた葉で違いは歴然だった。
     10月の半ば、もういい頃だろうと出かけると、花穂はあげているものの全て蕾、もう一度訪れる破目になった。
     2週間後訪れると、全て花の終わったそう果のような感じで花がない。まだ蕾もあり遅いわけではと探し、やっと1輪花を開いている株を見つけた。花弁が開くことは珍しいのだろうか、疑心暗鬼ながら撮影した。
     ヌカボタデに似ていると言われているが、ヌカボタデの花つきは、まばらなもののよく開花する。また、この花は常に水に浸るような場所に生え、水の中にはまず生えないヌカボタデと生育環境が異なる。

    葉

    同じ科の仲間の花
花

托葉鞘