コウトウヤマヒハツ(紅頭山篳撥)

Antidesma pentandrum



  • 科名・属名 : トウダイグサ科 ヤマヒハツ属
     注.APG分類では、ミカンソウ科(PHYLLANTHACEAE)

  • 特徴 :
     高さ3〜5mの常緑小低木〜小高木。
     枝はよく分枝し、褐色または白色の短毛がある。
     葉は互生し、卵形〜倒卵形で長さ6〜8cm、幅2〜4cm。先は短い鋭尖形となり、基部は広いくさび形〜円形、全縁で表面は無毛、側脈は縁から1/3付近で分岐し、上下の側脈に合流する。
     雌雄異株で、花序は葉腋や枝先につき、雄花は円錐状、雌花は総状になって長さ3〜5cm。花は径1mm以下と小さく、花弁はなくて萼片が4裂し、広卵形で長さ約0.5mm、平開または反り返る。雄花は長さ1〜1.5mmの柄があり、有毛。雌花は3〜5個の萼裂片があり、先は直立する。
     果実(核果)は球形で径約5mm、初め紅色で後に黒熟し、基部には萼が、先端には柱頭が宿存する。
     別名 シマヤマヒハツ

  • 分布・生育地 :
     九州(与論島以南)〜沖縄 (国外:台湾、フィリピン)
     山地の林縁、林内

  • 花期 :  3〜9月

  • 撮影月日・場所 :
     2016年6月23日  沖縄県国頭郡
     (上は拡大写真あり、写真をクリック)
     中上・雄花序、中下・雄花    同  上
     下左・果実 2009年12月20日  沖縄県西表島
     下右・葉 2016年6月23日  沖縄県国頭郡

  • 撮影記 :
     ヒハツ(篳撥)とは中国語の長胡椒を指し、この花の果実がそれに似ていることから和名がつけられている。
     長胡椒(コショウ科)とは用途が違うがこの実も食用となるようで、酸味と苦味が強いことから果実酒に利用されている。
     ヤマヒハツという同属のよく似た樹木があるが、本種の葉は幅が広くて先端が短い鋭尖形で、長く尖るヤマヒハツとは異なる。
     沖縄では庭木として植えられ、民家の防風林となっていることも多い。

  • 葉

    同じ科の仲間の花
花序

花

果実