ヤマヒハツ(山篳撥)

Antidesma japonicum


ヤマヒハツ

  • 科名・属名
  • : トウダイグサ科 ヤマヒハツ属

  • 特徴

  •  高さ3〜5mの常緑小低木。
     枝は細くてよく分枝する。
     葉は互生し、広披針形〜狭倒披針形で、長さ6〜10cm、幅2〜4cm。薄い革質、先は長い鋭尖形、基部はくさび形、全縁で表面は光沢があり、裏面脈上に短毛がある。
     花は雌雄異株で、枝先や葉腋に総状花序となる。雄花序は長さ1。5〜3cmで、花弁はなく萼片と雄蕊が4個、雌花序は長さ3〜6cm、3〜5個の萼片があり、子房は卵形で花柱の先が3〜4裂して反り返る。
     果実(核果)は歪んだ楕円形で、長さ3〜6mm、初め紅色後に黒熟する。

  • 分布・生育地

  •  本州(和歌山)、四国〜沖縄
     山野の林縁や疎林内

  • 花期
  • : 4〜6月

  • 撮影月日・場所

  •  2007年4月28日 沖縄県西表島
     下・花   同 上

  • 撮影記

  •  のんびりと沢沿いの道を歩いていると、枝先に咲く地味な樹の花が目についた。
     普段は目的があって急いで歩く場所なので目に付かなかったのだ。
     樹木の同定は難しく、花や葉の形から本種と判断したが間違っているかもしれない。
     よく似たコウトウヤマヒハツとは、葉先の形、葉脈のつき方などで見分ける。

    同じ科の仲間の花
花