ヤンバルアカメガシワ(山原赤芽柏)

Melanolepis multiglandulosa


ヤンバルアカメガシワ

  • 科名・属名

  •  トウダイグサ科 ヤンバルアカメガシワ属

  • 特徴

  •  高さ4〜10mの落葉小高木。
     葉は対生し、卵状円形〜広卵形で、長さ10〜25cm。普通3〜5裂するが分裂しないものもあり、裂片の先は鋭尖形、基部は心形、縁には粗い鋸歯がある。葉柄は葉身と同長。
     花は雌雄異株で、上部の葉腋に総状または円錐状の花序となり、花は小さくて花弁はなく、花は小さく径約5mm、黄色を帯びた緑色。萼片は5個で狭卵形〜披針形、雄花では平開し、雌花では直立する。
     果実(刮ハ)は扁球形で径約1cm、星状毛が密生し、熟すと2〜3裂する。

  • 分布・生育地

  •  沖縄  疎林や二次林の林縁

  • 花期
  • : 4〜6月

  • 撮影月日・場所

  •  2013年5月25日 沖縄県石垣島
     中・雄花   同 上
     下左・果実、下右・葉   同 上

  • 撮影記

  •  沖縄にはアカメガシワも分布し、何となく撮影していたと勘違いしていたが、チェックしてみるとこの花はなかった。
     雰囲気はアカメガシワと似ているが、属も異なり、よく見ると葉が3〜5裂することが多く、縁も粗い鋸歯があるなど、アカメガシワとはかなり異なる。花も大分異なっている。
     そんな違いをしっかり頭に入れて石垣島や西表島の林縁を見ると、予想以上にこの樹が多く、何で撮影していなかったのかと思った。

    葉

    同じ科の仲間の花
花

果実