リュウキュウウマノスズクサ(琉球馬の鈴草)

Aristolochia liukiuensis


リュウキュウウマノスズクサ1

  • 科名・属名 :
     ウマノスズクサ科 ウマノスズクサ属

  • 特徴 :
     長さ4〜10mになる木本性のつる性植物。
     若い茎は軟毛が密生するが、古い茎では木化して無毛になる。
     葉は円心形〜3角状心形、長さ4〜18cm、幅5〜20cm。先は鈍頭〜鋭頭、基部は心形で湾入する。質は厚く革質、葉裏は毛があり、脈は著しく隆起する。
     花は葉腋に1〜数個つき、花筒は淡黄色〜黄緑色、長さ3〜4.5cm、喉部で著しくくびれる。筒部内壁は黄緑色で濃紫色の模様が入る。舷部(ラッパの先)は広がって広倒卵形になり、長さ2〜3cm。内面は黄緑色〜黄色を帯び、赤褐色〜濃紫色の筋が入り、しばしば網目状または全体または半分が濃紫色になる。
     果実(刮ハ)は円筒状〜長楕円形、長さ5〜7cm、6稜がある。

  • 分布・生育地 :
     九州(奄美大島)〜沖縄(沖縄島) (国外:台湾)
     林縁

  • 花期 :  12月〜3月

  • 撮影月日・場所 :
     2014年1月22日  沖縄県国頭郡
     中上 1994年3月19日  鹿児島県奄美大島
     (上、中上は拡大写真あり、写真をクリック)
     中下・花1    同  上
     下・花2 2014年1月22日  沖縄県国頭郡

  • 撮影記 :
     冬でも暖かい南の島では冬に咲き始める花も多く、本土は花のオフシーズンなだけハマってしまう。
     南方系の花は色彩が派手なものが多いが、この花も本土のオオバウマノスズクサに似ているが、花は全体に大きく、強く自己主張しているように感じる。
     なお、沖縄では本島がこの花であるのに対し、八重山諸島ではよく似たアリマウマノスズクサが分布している。違いは広がった舷部の色で、見比べると確かに違う。

  • 同じ科の仲間の花
リュウキュウウマノスズクサ2

花1

花2