ヒメウツギ(姫空木)

Deutzia gracilis


ヒメウツギ1

  • 科名・属名 : ユキノシタ科 ウツギ属

  • 特徴 :
     高さ1〜1.5mの落葉低木。
     枝はよく分枝し、樹皮は灰褐色で、古くなると縦に裂けて剥がれ落ちる。若枝には星状毛がない。
     葉は対生し、長楕円状披針形〜狭卵形で、長さ4〜8.5cm、幅1.5〜3cm。先は長く尖り、基部は広いくさび形か円形。質はやや薄く、縁には細かい鋸歯があり、表面には星状毛が疎らにあるか無毛、裏面は淡緑色で無毛。
     花は今年枝の枝先に円錐花序を出して下向きに多数咲き、白色で径約1.4cm。花弁は5個、広披針形〜長楕円形で長さ0.7〜1cm。花糸の両側に翼があり、先は歯牙状。
     果実(刮ハ)は椀形で、径3〜4mm。花柱と萼裂片が宿存する。

  • 分布・生育地 :
     本州(関東地方以西)〜九州
     河岸の岩上、石灰岩地

  • 花期 :  4〜5月

  • 撮影月日・場所 :
     2010年5月4日  静岡県浜松市
     中 2014年4月21日  徳島県三好市
     下左・花  2010年5月4日  静岡県浜松市
     下右上・葉 2014年4月21日  徳島県三好市
     下右下・葉裏 2014年5月12日  東京都青梅市

  • 撮影記 :
     ウツギの仲間の中でも比較的早い時期に咲き、徳島県では4月21日にはかなり開花していた。
     川岸の岩場で咲いている光景をよく目にする。
     よく似たウツギは、葉裏に星状毛があり花期がやや遅く、マルバウツギは花序の下の葉に柄がなく、多少とも枝を抱くことが異なる。

  • 葉

    葉裏

    同じ科の仲間の花
ヒメウツギ2

花