イズノシマダイモンジソウ(伊豆の島大文字草)

Saxifrega fortunei var. jotanii


イズノシマダイモンジソウ1

  • 科名・属名 : ユキノシタ科 ユキノシタ属

  • 特徴 : 草丈5〜40cmの多年草。
     ダイモンジソウに似るが、茎や葉に毛が多い。
     葉は厚く腎円形でごく浅く裂け、長さ3〜15cm、幅4〜20cm。基部は心形で質は厚い。
     花は茎頂に円錐状の花序となって多数つき、花弁は白色で5個、上側の3個は楕円形で長さ3〜4mm、下側の2個は線状楕円形で長さ4〜15mmと長く、花時には平開する。
     果実(刮ハ)は卵形で長さ4〜6mm。

  • 分布・生育地 : 本州(房総半島南部)、伊豆七島
     山地林縁の崖地

  • 花期 :  10〜1月

  • 撮影月日・場所 : 1995年11月12日  千葉県清澄山
     中上 2014年11月7日    同  上
     中下・花 1995年11月12日    同  上
     下左・葉 2014年11月7日    同  上
     右・茎    同  上

  • 撮影記 :
     この花が咲くのは晩秋の頃、「秋の日はつるべ落とし」のとおり、午後は日が傾いて赤みの強い写真になるか、日陰は逆に青カブリしてしまう。
     自宅からはかなりの距離があるため、朝まだ暗いうちに出かけないと間に合わない。
     自生地では山道の崖などに生えており、ダイモンジソウに比べると、下・左右の写真でもわかるとおり、葉や茎に毛が多いのが特徴である。

  • 茎

    同じ科の仲間の花
イズノシマダイモンジソウ2

花

葉